経営理念を作るだけで目的は達成できない。

こんにちは。奥田です。

 

僕が、全社員のベクトルをそろえ、経営者と社員が一体感を感じられるようにするために、

経営理念を軸にしてコンサルティングを行います。

 

ですから、僕のスタンスとしては、経営者と社員との意識のギャップ、一体感を感じられない状況が、社内にあるのなら、一つの方法として経営理念を確立されることをお勧めします。

 

あくまで僕としては、おすすめはしますが、「経営理念は、絶対に必要です!」と断言はしません。

責任逃れ、逃げの口上でこのように言うのではありません。

 

実際に、世の中を見てみれば、経営理念を確立せずとも、

社員のベクトルがそろい、一致団結できてきる会社は存在するからです。

 

僕の経験からも、経営理念を確立しさえすれば、「会社がまとまる!」ということはないです。

あくまで、会社がまとまるための一つのより良い方法ではありますが、それが全てではないということです。

 

何が言いたいかというと、

経営理念を作っただけでも、社内はまとまらないということです。

経営理念の確立は、「皆でまとまって進んでいく!」というスタート地点に立ったにすぎません。

 

実際には、経営理念を確立し、社員に理念を浸透させていくという作業よりも、

経営者が理念を実現するうえで、その障害になる信念(固定観念や常識)をどれだけ排除できるかがポイントになります。

理念確立後の方向性のヒントとして頭の片隅においていただければと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA