経営理念の作り方で参考になる本

こんにちは。奥田です。

 

経営理念の作り方で参考になる本を紹介します。

 

グーグルで「経営理念 作り方 本」と調べれば、直球で、「経営理念の作り方」というタイトルの本が出てきます。

 

しかし、今回、僕が紹介する本は、ちょっと系統が違います。

 

僕が理念構築コンサルを行うにあたって、

経営者の価値観、考え方、想いを確認するためのヒアリングシートを用意しています。

 

僕のヒアリングシートは、経営者へ100個の質問項目を記載しています。

例えば、

・ワクワクすることは?

・親にも誇れることは何か?

・これだけは絶対に譲れないことは何か?

という質問項目です。

 

以前、そのヒアリングシートを僕がコンサルを受ける経営者に渡した際、

「奥田さん、『あした死ぬかもよ?』って本を読みました?」と聞かれました。

 

なぜそんなことを聞かれたかというと、

僕が作ったヒアリングシートの質問項目が、この「あした死ぬかもよ?」の中に出てくる質問と同じだというのです。

 

僕自身は、この質問を受けるまで、全くこの本の存在も知りませんでした。

しかし、人間の生き様、人生、命を考えた際、その本質にアプローチする質問は同じなんだなぁ、と思ったものでした。

 

 

本当の意味で自分の生を輝かせようと思えば、死をしっかり見つめることが重要になります。

 

なぜなら、この世は、相対性の世界だからです。

相対性の世界とは、男が女がいる、悪が存在するから善が存在できる、

有があるって無がある、表と裏は表裏一体というようなことです。

つまり対極の存在がするからこそ極が存在できます。

生の対極『死』をしっかり見つめるからこそ、結果として『生』を深く見つめ理解することができます。

 

経営理念の作り方を書いた本について話を戻しますと、

この本には、27個の質問が掲載されています。

これらの質問項目は、あなたがこれから作ろうしている経営理念のエッセンス、キーワードをあぶり出すのに非常に役に立つと思います。

ご参考まで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA