経営理念が浸透しない理由

こんにちは。奥田です。

 

社内のベクトルをそろえるぞ!

 

まずは、経営理念は確立できた!

 

次は、経営理念を社員に浸透させるぞ!

 

と意気込んでいる方へ

 

そもそも、経営理念は、浸透させるものなのでしょうか?

 

「え、そこから!」と思うかもしれませんが、

理念を軸にコンサルをしている僕としては、スルーできない部分です。

 

ぜんぜん、違う話になりますが、

犬にむかって「俺は猫好きだから、“ニャン”と鳴け!」と言っている人を見かけたら、どう思いますか?

 

この例え話は、経営理念を浸透させるということに通じる話です。

 

「理念を浸透させるぞ!」と考える人の“浸透”させるという意味でいえば、想いを深いレベルで理解するということだと思います。

 

しかし、深く理解できるということで言えば、「理念を理解できる相手」であるということが大前提にあります。

実際の現場はどうでしょうか?

経営理念を浸透させたい社員さんは達は、理解できる人たちでしょうか?

 

今、いる社員さんたちは、理念を確立する前から在籍している人たちです。

そこには、理念に共感する人もいるでしょうし、根本的に理念に共感しない、できない人がいてもおかしくありません。

 

そこを見誤ると、「なんで理念が浸透しないんだ・・・」ということになりかねません。

 

ひょっとして、経営理念は浸透させるものではないのかもしれません。

一度、そういう視点で考えてみていただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です