「社員にやる気がない」ときの対処法(1)

こんにちは。経営コンサルタントの奥田です。

 

経営者の自分と比べて、社員にやる気がないと」と

感じている経営者に参考になる話をしたいと思います。

 

日々、

「社員にやる気がない・・・」

「社員のやる気を感じない・・・」

「なぜ自分とここまでやる気にギャップがあるのか・・・」

そう嘆いている経営者は多いと思います。

 

当然、経営者としては、

「せっかくやるんだから」

「もっと意欲を持ってやったほうが良い仕事ができる」と

社員には、やる気を持って仕事をして欲しいと願うわけです。

 

でも、社員がやる気がでない原因が分からず、

どうやったらやる気を出させたらよいのか分からない。

だからこそ、このホームページを読んでいるんだと思います。

 

僕に「社員のやる気をどうやったら高めることができるのか?」

という相談される経営者で共通して、これまで取り組んできても、

「社員のやる気アップ」につながらない、結果がでない上手くいかない取り組みがあります。

それは何か分かりますか?

ちょっと考えてみてください。

答えを言いますね。

それは、何とかして、社員を変えようとする働き掛けをしているということです。

「それって当たり前じゃないの?」と思ったあなたは要注意ですよ!

 

なぜ、要注意なのか説明しますね。

 

そもそもの話で、

経営者が「社員にやる気を感じない」から、何とかしようとしてる今の状況があります。

 

まず、確認のために質問します。

「本当に、社員はやる気がないのでしょうか?」

 

今更の質問ですが、いかがですか?

あなたの心の声

「いや、社員にやる気がないから、困ってるんだ!」

というツッコミが聞こえてきましたが、

今一度、掘り下げて確認したいと思います。

 

では、こんな風に質問を変えてみます。

「社員は、全くやる気がゼロなんでしょうか?」

 

もしくは、

「社員がやる気がないというのは、絶対なのでしょうか?」

 

いかがですか?

僕が「絶対か?」と聞いたら、

あなたは「絶対だ!」と言い切りにくくないですか?

 

つまり、そう感じるということは、「絶対じゃない」ということです。

 

ですから、厳密に表現すると、

「社員にやる気がない」のではなく、「社員にやる気を感じない」

ということの方が、より現実を説明していると思います。

 

社員のやる気がないというのは、ゼロという状態です。

しかし、社員にやる気が感じられないというのは、やる気が全くのゼロではなく、

ゼロではないけれども、0.1とか小さいように感じる

ということです。

 

社員にやる気がないと感じるときでも、

やる気がゼロの場合とやる気が少ない場合とでは、対応が全く変わります。

 

ここでもう一つ、重要なポイントを指摘しておきたいと思います。

やる気がないのは社員のように感じますが、

実は、『やる気がない』とジャッジしているのは、経営者であるあなたです。

 

何が言いたいのかというと、“やる気”というものは、非常に抽象的なもので、あいまいなものです。

つまり、人によって感じ方が千差万別です。

例えば、同じ社員の状況を見ても、

ある経営者は、「ぜんぜんやる気がない・・・」とジャッジする人もいれば、

「社員にしては充分なやる気だ!」とジャッジする人もいるということです。

 

社員にやる気がない」と感じて、社員のやる気をアップさせようとする行為は、

経営者のやる気が感じられないとジャッジしているというポイントをすっ飛ばした行為となります。

 

先程、そもそもの話で、「社員にやる気がないのは本当か?」と問いかけたのは、そこを確認するためです。

もし、このジャッジが確かな判断でないとすれば、

「社員のやる気アップのための働きかけ」は全く効果がでないものとなります。

それよりも

やる気が感じられないと感じる経営者であるあなた自身への働きかけが必要となります。

 

 

追伸

“大切な人を守り続ける会社作り”をテーマに、

経営者にとって何が本当で、真実なのかを問うことをするメルマガを発行しています。

社員のやる気、モチベーションが高まる話など参考になる情報も配信しています。

ぜひ、ご活用ください。

登録は、こちら!

“「社員にやる気がない」ときの対処法(1)” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA