社員が指示待ちで自分で考えて仕事をしない時の対処法

こんにちは。奥田です。

 

「社員が指示待ちで、自分で考えて仕事をしない・・・」

こんな風に嘆いている経営者に、参考になる話をしたいと思います。

 

人間の性質を考えたときに、

誰もが『人に喜ばれたら嬉しくなる』性質を持っています。

 

しかし、実際の職場では、

社員さんは、経営者、上司の指示待ちで、自分で考えて仕事をしようとしない・・・

どうして、そんなことになるんでしょうか?

 

本当は、社員さんも、せっかく仕事をするんだから

経営者や上司、同僚が喜ぶことをしたいと思うと思います。

 

本当は、喜ばせたいけど、

出来ない何かしらの原因や状況が、そこにある可能性があります。

 

ひょっとしたら、職場の雰囲気が、良くないのかもしれません。

周りにすぐに意見を否定する人が多いのかもしれません。

 

僕のこれまでの経験から言えば、

社員さんは、

「自分で考えて仕事をやるとイヤな目に会う。」

と信じている可能性が高いです。

 

では、何がイヤな目を生み出す原因となっているのでしょうか?

 

例えば、仮説の一つとして、

職場の雰囲気が、悪かったとします。

 

職場の雰囲気を変えるための第一歩として、

指示待ちではなく、逆にポンポン自分の考えを表現し、

仕事として形にすることができる社員さんをイメージしてみると面白いです。

 

例えば、理想の社員、理想の職場は、どんな雰囲気でしょうか?

・どんなリアクションをする人が、そこにいるのでしょうか?

・自分の意見、考えに対してどういう受け取り方をする文化があるのでしょうか?

・自分の考えで仕事を進めると、その人はどういう評価をされるのでしょうか?

 

イメージ出来ましたでしょうか?

 

そして、ここからが、重要な話になります!

 

その雰囲気を作っているのは、紛れもなく人です。

そして、

社内でその人達へ最も影響を与える人は、誰でしょうか?

 

もちろん、経営者、トップであるあなたです。

 

会社は、トップで99.9%決まると言われます。

思っている以上に経営者のあなたの影響力は絶大です!

 

理想の社員と職場についての話に戻します。

 

先程の理想の職場の雰囲気をイメージしてもらったときに、

よくよく思い出してほしいのですが、

理想のリアクションをする人(上司、同僚、先輩、後輩)の中ににあなた自身が含まれていますでしょうか?

いかがですか?

おそらく、「自分は、当然、出来ている!」と思っていませんか?

 

僕のこれまでの経験から言えば、

「出来ていると思っているということは、出来ていない」可能性が大です!

 

あなたにとって厳しいことを指摘しますが、

本当にあなたの為になると僕は信じているので、嫌われるかもしれないことを、敢えて言います!

 

例えば、『社員が自ら考え仕事をしない』から何とかしようとして、

「社員が指示待ちで自分から仕事をしない・・・」と悩むわけです。

つまり、

『理想の状態でない』という大前提がないと、

「理想の状態を作りたい!」と思うことはないのです。

 

心理学を勉強した人は、知っているかもしれません。

人間は、潜在意識で信じている通りの言動を行う生き物です。

 

つまり、

経営者のあなたが、「社員が指示待ちで、自ら考え仕事をしない」ことを何とかしようとするということは、

潜在意識で、『社員は、自分で考えて仕事をしない』ということを強く信じていることになります。

 

すると、どんなことが起きると思いますか?

 

経営者が無意識に、知らないうちに、

「社員が指示待ちをしてしまう。」状況を作ってしまっていたり、

選択してしまっていたりします。

 

この法則の恐ろしい点は、自分で自覚できないというところです。

でも、理屈を説明されると分かると思います。

 

身長180センチの人は、180センチになることはできません。

160だからこそ、180に憧れるのです。

女性である人は、女性になろうとは思いません。

そうであるもは、そうであるものになることはできません!

 

理想には、理想でない状態が必要になります。

あなたが人生の主人公として、

理想でない状態を知らずに肯定し、

認めていることを理解いただければ、

今の「社員が指示待ちで自分で考えて仕事をしない」状況を根源的なレベルで変えることができます。

 

ちょっとややこしい話ですが、

これが腑に落ちたら、ほとんどの悩みや問題がパッと消えて無くなります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です