会社でのチーム作りのコツ(2)

こんにちは。奥田です。

 

会社でのチーム作りのコツ(その2)についてお話します。

 

前回は、優秀なスタッフがいないから、理想のチームができないのではない!

 

ということでした。

 

何が一番の要因かというと、経営者、トップが原因ということでした。

 

誤解してほしくないのですが、

トップの経営者にリーダーシップがない!

とか、

コミュニケーション能力が優れていない!

とか、

カリスマ性がない!

というような、経営者の能力、資質が足りない、という意味ではありません。

 

その能力以前に、理想のチームができない根本的な原因があります。

それは何か?

 

例えば、今、理想のチーム作りができていないとすれば、理想の人材がそろってないから、

と思うかもしれませんが、実はそうではないと。

 

で、経営者、トップで決まるということで、トップの何で決まるのか?

 

例えば、これは可能性の話ですが、同じ条件、同じ人材、同じ環境でも、違うトップが会社を経営すれば、理想のチームになる可能性は考えられないでしょうか?

 

ここで、「確かに、そうかもしれない・・・」と感じるのなら、条件が本当の理由でない可能性があります。

 

こんな話を聞いたことないですがね。

不良学校で、どうしようもない生徒ばかりだったが、ある先生の登場で、一つにまとまり、大きな成果を出した!

こんなことが、自分の会社でも同じことが起こせるかもしれないと!

 

僕は、十分可能性があると思っています。

今のあなたが会社のトップとして、誰か他の経営者と交代せずとも!

 

ただ、何か自分以外の環境を理由にしている限りは、理想のチーム作りは難しいと思います!

 

なぜなら、これまで、そこに原因があると推測して、会社であの手この手と問題解決しようとして取り組んで、結果がでなかったということは、そこには問題解決の可能性はない、ということだからです。

 

ですから、可能性があるとすれば、その認識の外、自分の常識以外にある可能性が高いということです。

 

このスタンスに立つということが、理想のチーム作りを始めるために、非常に重要なポイントとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA