理想のチーム作りに必要なこと(職場編1)

こんにちは。奥田です。

 

今回は、チーム作りに必要なこと(職場編)をお届けしたいと思います。

 

チーム作りと言っても、

スポーツチーム、部活、サークル活動、仕事・・・と

様々なシーンがあると思います。

今回は、僕が経営コンサルティングで行っている

会社、仕事、職場におけるチーム作りについて話をしたいと思います。

 

そもそも、

なぜ、チーム作りが大切なのか?

より良いチーム作りが求められるのか?

 

それは、同じ目的を持った人が、そこに複数人いれば、

必然的にチームとしてのまとまりが求められ、

よりチームとしての一体化、個人では成し遂げられない大きな成果が求められます。

 

では、チームがどのようなチームであれば、

個人を超えたチームとしてのパフォーマンスを出すことができるのでしょうか?

 

例えば、チームのメンバー全員が、飛び抜けた能力を持っていたとして、

その人数を足し算しただけでは、チームである必要がありません。

 

1+1=2

ではない、メンバー同士のつながり、チームの連携が生まれる必要があります。

 

では、どのようにすれば、

1+1=100

となるメンバー同士のつながり、そしてチームの連帯感が生まれるのでしょうか?

 

例えば、自分だけの役割を果たすことだけを考える人だけのチームだったらどうでしょうか?

連帯感が生まれるイメージは持てないのではないでしょうか。

 

僕は、チームメンバーにおいて、

プレイヤーとして、自分の役割だけを考えるのではなく、

マネージャーの発想、つまり、

つながり(連帯)という意識を持って、メンバーと一緒に自分役割を実行できる人

でないと1+1=100のチームにならないと考えています。

ここでは、【つながり力】と表現します。

 

 

ただし、僕がこれまでコンサルしてきた中で、今、持っている結論は、

チーム全員が【つながり力】のレベルが高い必要はなく、

リーダー一人が【つながり力】レベルが高いことがが大切だと考えています。

 

実際の現場、中小企業の職場におけるチーム作りでは、

チームリーダー一人を育てるとか、任命するというよりも、

会社のトップである経営者が、リーダーとして

【つながり力】を意識し、発揮できる状態

であれば、上手くチーム作りが出来ます。

 

能力の高いメンバーがいるとか、モチベーションが高い人がいるとか、

どんな環境であれ、条件が揃っている、整っているということよりも、

何よりも経営者が【つながり力】が大切になります。

 

最後に補足しておきます。

経営者の【つながり力】のレベルが高いことが条件ではありません。

レベルの高さよりも、職場で経営者自身が【つながり力】を意識する力が強いか弱いかに大きく左右されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA