若手社員の育成方法

こんにちは。経営コンサルタントの奥田です。

 

社員の育成は、つねに経営者の課題ではないでしょうか。

 

そして、若手の社員となると、

自分の世代とは、価値観、考え方、習慣がまったく違っていて、

自分の考え、思いをそのままストレートに伝えても

なかなか伝わりにくかったりします。

 

そして、より一層、

「若手の社員をどうやって育成したらよいのだろうか・・・」と

思い悩むのではないでしょうか。

 

一つ、参考になるであろう、

クライアントの若手社員の育成方法についてお話します。

 

何が一番、若手社員の育成につながるのか?

そのヒントになると思います。

 

この会社は、変わっていて、

大学中退して入社してきた20歳の男性に、

いわゆる会社で行っている業務について、

一切教えることはありませんでした。

 

そして、入社6ヶ月が経過して、

その若手社員の心からの声を聞くことができました。

「今、本当に幸せです!」と。

 

その若手社員は、大学で挫折して、中退して、

「自分は何のスキルも経験もなく、何もできない」

「自分ができることは、身体を使った肉体労働かな・・・」と思い

そして

「友達がしている土木作業なら自分もできるのではないか」と考え、

その道を進もうとしていました。

 

そんな未来に全く自分のチカラの可能性を見いだせずにいた人間が、

6ヶ月後に、自分の無限の可能性を信じるようになり

「今、幸せです。」という心境に至ったのです。

 

この会社でもいろいろしていましたが、

その一番の方法をお伝えしたいと思います。

 

それは、

『誰かを喜ばせる』

このあり方を徹底的に、気付き、感じ、学べる働きかけをしてきました。

 

例えば、

この若手社員も入社後、早々に

多くの新入社員が、受けるビジネスマナーの研修も行かせました。

しかし、ビジネスマナーを身につけさせることが一番の目的にしませんでした。

 

何を目的に参加させたかというと、

「次、入社してくる人のためにビジネスマナーを学んで来なさい。」

というテーマをもたせました。

 

こんな感じで、職場におけるあらゆる言動において、

【誰かを喜ばせる】を徹底して、

気付き、学べるように働きかけをした結果の成長でした。

 

若手社員を育成する方法は、本当にたくさんあると思います。

その中から、最適な方法を検討するのも一つの方法ですが、

その前に、僕がお伝えしたいことがあります。

 

どんな人になってほしいのか、その一番の中心の核となる想いは何であるのか?

その若手社員のスタンス、あり方を決める

ということです。

ここを明確にした上で、若手社員を育成する方法を選択して欲しいと思います。

 

それが、結果として、

最短最速で、理想の若手社員が成長するストーリーを現実化につながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA